ケイ・エヌ・シーありがとうレターありがとうレターの保管講習会予定講習会申込みよくある質問参加者の声

ありがとうレター>参加者の声

講習会参加者の声

 

講習会参加者の声

 

・大阪府大阪市 田中 学さん 35歳 男性

 私の母は1年前に急に亡くなりました。

 朝、職場で倒れ、そのまま意識が戻る事はありませんでした。

 私の妹の結婚が決まり、遠く離れた県外から結納に来た三日後の事でした。

 母は妹の晴れ姿を見る事なく、孫を抱く事なく亡くなりました。

 今でも受け止める事が出来ない毎日です。

 同じ思いを家族にさせないために健康なうちに『ありがとうレター』を書き遺しておきたいと思います。

 

・大阪府高槻市 谷川 美登里さん 28歳 女性

 私の父は、10万人に2,3人の確率でかかる病気と闘っています。

 今父は、寝たきりの生活で、しゃべることはできません。

 元気な時に、「ありがとうレター」を書いてくれてればなと思いました。

 

・兵庫県西宮市 山本 香さん 42歳 女性

 私は2人の子供を持つ母親ですが、講習会に参加して、いろんな事を考えさせられました。

 私の人生でも私だけの人生ではない主人や子供達の事考え、今を大事にして活きていかなくてはと

 思いました。

 

・奈良県奈良市 三宅 有希さん 36歳 女性 

 先月お義母さんが亡くなりました。まだ54歳と若い年でした。

 ちょうど1年前に医師に手遅れでもって3ヶ月と告知されました。

 だけど、お義母さんは治療も頑張り生きようと強い意志があって1年も生きてくれました。

 嫁として何も出来なくて悔いばかりです。

 主人が言うには『4人の孫にも会えて抱っこ出来て一緒に遊べて幸せだった』と言ってました。

 義母さんが亡くなる前に一言「今までありがとう」と言った言葉が今でも忘れられません。

 

・大阪府堺市 O.T さん 60歳 男性 

 私は1年前に胃癌で胃と脾臓の全摘出手術を受けました。

 私には妻と2人の子供がいます。

 象の背中を見て改めて、家族と過ごす時間を精一杯大事にすべきであることを感じました。

 そして、家族に「ありがとうレター」を遺しておこうと思います。

 

・京都府宇治市 井上 愛美さん 30歳 女性 

 軽い気持ちで「ありがとうレター」を書いておく必要があると考えていました。

 講習会にさんかして、すごく深くてどこかに一人でこもって真剣に向かい合う必要があると感じました。

 

・大阪府東大阪市 小林 誠二さん 45歳 男性 

 講習会で「ありがとうレター」を書いてみたら、家族だけではなく友人やお世話になった人達にも

 「ありがとうレター」を書いておきたいと思いました。

 

・滋賀県草津市 中森 聖子さん 37歳 女性 

 私のお母さんは、私が小学2年生の時にガンで亡くなりました。

 私は、3人兄弟でした。

 その頃の私は、お母さんの病気の事がよく分かっていなくて、お母さんに何にもしてあげられませんでした。

 でもお母さんは、いつもわたしに「お母さんの子供でいてくれて、ありがとう」と言ってくれていました。

 お母さんは死ぬ前に天に向かって「お願いします」と2回言ったそうです。

 きっと最後まで私たちの事を想っていたのだと思います。

 お母さんが「ありがとうレター」を知っていたらきっと遺しておいてくれたと思います。

 

・大阪府羽曳野市 阿部 雅俊さん 35歳 男性 

 2年前、胃癌で当時35歳の姉を亡くしました。

 癌と判明したのは彼女の誕生日、その1ヵ月後に天国に旅立ちました…。

 あれから2年、今でも姉電話がかかってきそうで…

 全てを受け入れることができていないのかもしれません。

 もし姉が「ありがとうレター」を遺しておいてくれたらもう少し早く立ち直れたのかなと思います。

 

 

 

ありがとうレター講習会申込